東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

デザイン事務所ダウンアンダー

営業
10:00-
19:00

カレー

     メモ    野村貞次

まずは宣伝(^_^ /
いよいよ来週です!
サザカラ5周年記念部活!
二次会もあるよ〜。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=56585793

今週末はいとしのエリーズ@川崎。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=56449541

先週はツバサのお引っ越し、今週ははまこのお引っ越しと、二つお手伝い。
お手伝いっつっても、車出してチョロッと荷物運んだ程度で。
大したダイエットにもならなかったな〜(^_^;
二人とも、片付け頑張ってねー!

ダイエットつながりで。
カレーの作り方を全部写真に撮ってみた。
今日のはトマトチキンよ。

使うスパイス。
だいたい一袋100円前後。

ホールスパイスをオリーブオイルに浸す。
火は後でつける。
カルダモン、マスタードシード、鷹の爪、クローブ、コリアンダー。
オイルが絡んだら、中火〜弱火で香りをオイルに移す。
このオイル作りが大切なので、焦らずじっくり。
あたしはオリーブオイルだけど、グレープシードやひまわり油も良さそう。
サラダオイルは、味も香りも無いので勘弁。

にんにくと生姜。これで二人前。

みじん切り。

オイルを茶こしに空けて、ホールスパイスを取り除く。

火を止めてニンニク投入。

香りが出るまで炒める。

生姜追加。

その間にタマネギをスライス。
向こうが透けて見えるくらい薄く。

タマネギ投入。
強火でよく混ぜながら、焦がさないように炒める。

パウダースパイス。
ターメリック小さじ1、パプリカ小さじ大盛り1、ナツメグ小さじ1/2、カルダモンパウダー小さじ1/2、チリパウダー少々。
胡椒適当に。
塩は小さじ1程度(薄目)。

スパイスがよく染み込むように炒めてから、トマト(ホール缶1/2)を潰しながら投入。

よく混ぜると、こんな感じ。

煮込む。
だんだんクッタリしてくる。
灰汁が出るけれど、取らない。

ミキサーへ。
軽くなるまでフラッシュ。

鍋に戻す。
ミキサーに残った分は、同量の水を加えて完全に戻す。

よけておいた鷹の爪、シナモンを戻し、鶏肉を投入。
中火以下にしないと、沸騰してはねるので注意。

ベイズリーフも入れてみた。

まだ灰汁が出るけれど、全部混ぜる。
20分程度煮込み、灰汁が消え、鶏肉に完全に火が通ったらOK。

ガラムマサラを振りかけ、クミンシードをパラパラ。
クミンシードは甘い香りと、プチプチした食感がいいので必須!
ナンの代わりにバターロール。
バターロールは、さらに残ったカレーを掬うためなので、少量でOK。

塩気が多すぎては台無し。
けれど、足りないと甘みが出なくて辛いばかりになってしまうので、よく味見して調整して。
塩の種類によっても、量が大きく違ってくるので。
あたしは藻塩、岩塩、赤穂の赤潮なんかを気分で使用。

チリパウダーは少なめに。
後で足しても良いスパイスなので。
でも、最初に少しは入れておかないと、辛味が具材に染み込まないのよねー。

オイルはお気に入りを探して。
オリーブオイルは、マレーシア風だと定番(のはず)なんだけど、インドカレーだとどうかなあ?
香りが甘くなるので好きだけど。

ミキサー行程を省いても、タマネギの食感が残って美味しいです。

     メモ    野村貞次

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 こちらの記事も読んで見ましょう

カレー 東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

Copyright©デザイン事務所ダウンアンダー,2012 All Rights Reserved.

ページ先頭へ