東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

デザイン事務所ダウンアンダー

営業
10:00-
19:00

SONY α7・7R触ってきました。

     メモ    野村貞次

銀座ソニービル2F、α7特別展示スペースが開設されていました。

7・7Rとも3〜4台用意され、平日とあって十分に触ることができました。

「7と7R、どちらにしますか?」まずは7を選択。

「レンズはどれをご希望ですか?」持参のFD50mm F1.4+マウントアダプターの取付を依頼。あっさり「どうぞ」と。

_MG_2224_MG_2223

APS-C用Eマウントアダプターにもかかわらず、意外なことにファインダーではケラレが全く確認できませんでした。

α7と7Rの違いは、以下の通りです。

  • 7は24Mpxローパス有、7Rは36Mpxローパス無。
  • 7は像面位相差とコントラストのハイブリッドAF、7RはコントラストAF。
  • 7は先幕電子シャッター後幕フォーカルプレーン、7Rは前後ともフォーカルプレーン。なので、シャッター音が全く違います。

_MG_2221_MG_2218

その他、チェックした項目。

  • 心配だったファインダーは、色かぶりも無く鮮明・詳細。
  • NEX-7で惨々だった背面ボタンは、強く握っても当たらず。
  • 録画ボタンの無効化もメニューから可能。
  • カタログ等で異様に出っ張って見えるファインダー(アイピース)は、さほど邪魔ではありませんでした。バッグ等に入れた場合どうなるかは、さすがに試すことができませんでした。
  • 至極まっとうなボディデザインなので、ホールド感にも違和感は無し。ミラーレスゆえの「薄さ」は、フイルム一眼レフのようです。
  • 質感はキヤノン旧F-1と似ています。

振り回して使うカメラではないので、オールドレンズをじっくり楽しむなら7Rの方が良いでしょうか?

この後、ニコンサロンで噂のDfも触ってきましたが、いっそα7の方がクラシックな質感を感じました。Dfは見た目はクラシカルですが、操作体系がダイヤルとメニュー操作が入り混じり、そもそもあの厚さでは・・。

     メモ    野村貞次

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 こちらの記事も読んで見ましょう

SONY α7・7R触ってきました。 東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

Copyright©デザイン事務所ダウンアンダー,2013 All Rights Reserved.

ページ先頭へ