東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

デザイン事務所ダウンアンダー

営業
10:00-
19:00

iMac→Mac mini移行メモ。

     技術ノート   ,  野村貞次

iMac(たぶん2009・Mountain Lion)からMac mini(Marverics・Core i7)に移行しました。

もらいもののEIZO24インチモニタがあったのが、決断の大きなきっかけでした。

通常作業の、ブラウジング・メール・PhotoshopやIllustratorでの制作・Jeditでのコーディング・FTP等には大きな譜ノン歯ありませんでしたが、いくつかの不具合が発生していました。

  • ATOKの英数・日本語切替が極端に遅い。最初の文字をだいたい取りこぼす。
  • SafariでWordPressに投稿する際、タイトル等を入力するとページがリセットされログイン画面になってしまう。この件はちATOKを疑ったのですが、ことえりでも同一の症状でした。新規カテゴリの追加等の操作でも発生します。Safariのバージョンに依存する問題だそうです。
  • iPhoneとの連携が半端。iPhoneのカレンダーにはFacebookのスケジュールが自動表示されますが、iMacでは表示されません、等。
  • Parallels Desktopが極端に遅い。最大メモリ4GBのマシンでしたので、しかたのない話です。
  • 便利そうなソフトをApp Storeで発見しても、Mountain Lionには非対応。
  • いくら掃除をしても、夏場は不意に落ちる。排熱がうまくいっていないようです。
  • DVDドライブからDVDが取り出せなくなった。外付けDVDドライブを購入して使っていました。
  • Finderで、新型カメラのRAWファイルをプレビュー表示できない。

「もはやこの夏は耐え切れまい!」と、周辺機器が揃っていることもありminiの導入を決定しました。よくここまで耐えていたものだとも言えますね(^_^;

セットアップ後、すぐに「移行アシスタント」を!

Marvericsではデータ格納場所等、かなり変更されているようです。例えば旧マシンからメールを手作業でバックアップして新マシンの所定ディレクトリにコピーという作業をしても、読み込んでくれません。

そこで移行アシスタント。細かい指定ができないので「不具合まで引き継がないだろうか?」という不安はありますが、圧倒的に楽です。

まずはイーサネットケーブルで新旧マシンをネットワーク接続します。それから両マシンで「移行アシスタント」を起動。あとは画面メッセージに従います。旧マシン(データ送信側)も操作する必要があるため、キーボード・マウスも1組必要です。

作業予定時間は・・・・・12時間少々。寝て待つしかありません。翌朝、残り2時間ほどになっていることを確認してしばらくしてから確認すると「残り時間29分」で停止しています。その上には「元のMacが同一ネットワーク上にあることを確認してください」との表示。「移行をキャンセル」のボタンだけが水色に光っています。

確認しても、どちらのマシンもスリープはしていません。まったく進まないため、「移行をキャンセル」ボタンをクリック。miniには「○○と○○は互換性が無いため移行できませんでした」との表示が。「お、そのせいで止まっていたのか?移行自体はかんりょうしたのか?」との期待は見事に裏切られました。まるで「何もしなかった」かのように、新HDDにはコピーされた形跡すらありません。まあ、半端に設定されてグチャグチャになるよりマシかもしれません。

旧iMacにはキャンセルボタンも表示されないため、電源の長押しで強制終了するしかありません。

再挑戦・そして失敗。

気を取り直して、少しでも作業時間が短くなるようにと、旧iMacの「ピクチャ」「ミュージック」の中身を消去。これは別HDDにコピーしてあるので、消しても問題ありません。これで転送量は半分近くになったはず!

が、移行アシスタントを開始して表示された予定時間は12時間3分(T_T

今度は昼間なので寝て待つわけにもいかず、Linuxマシンで作業しながら深夜24時まで待機。

「残り3分!」きたー!これで無事に終わるぞ良かった良かった・・・・と思った途端に「同一のネットワーク上に・・」って、これ、移行アシスタントのバグとしか思えません。

ターゲットディスクモードにしよう!

と思ったら、新Mac miniのFireWireポートは800タイプで、手持ちのケーブルでは接続できません。

圧倒的に速く、本体を分解する必要もないためこの方法がベストのようです。時間的に余裕のある方は、この方法をお勧めします。

_MG_2855_MG_2857

私のiMacは数回HDD故障や清掃のためにバラしていますので、HDDを取り出してUSB接続のHDD STANDに接続することにしました。移行アシスタントを起動すると、作業予定時間3時間少々!せめてこの程度であって欲しいものです。この時点で25時。寝て、朗報を待ちます。

移行アシスタント完了。次なる問題。

無事に3時間で終わってくれました。ばんざーい!(本来、喜ぶようなことではないです)

さて、作業環境を整えます。一番心配なのは「むやみやたらとiCloudとの同期を優先した初期設定」です。まずは大切なポイントからチェックしていきます。

  • 一番面倒に思っていたメールの移行が、まったくされていない!
  • メモが消えている。
  • Safariのブックマークの並び順が狂っている。
  • Google Driveが同期できない。
  • Parallels Desktop5が動作対象外になっている。
  • ATOK2013がオフになっている。
  • 遅い!
  • マウスホイールの回転方向が逆!?
  • いくつかの動作しないアプリケーションがある。

_MG_2856

個々の問題解決は次回投稿で。

     技術ノート   ,  野村貞次

Comment

  1. 財団 上村 より:

    Mac MIni いいですよね
    我が家もMac MIni2012 Core i7なのですわ
    メモリは標準品をとりはずして16GB
    VMwareFusionにてWin 8,7,XPも使用可能状態です

    VMwareの関係でMountain Lionのままですが外付けHDD
    Marvericsは体験中です

    年々WinとOS X の差が開いていきますね〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 こちらの記事も読んで見ましょう

iMac→Mac mini移行メモ。 東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

Copyright©デザイン事務所ダウンアンダー,2014 All Rights Reserved.

ページ先頭へ