デザイン事務所ダウンアンダー

EF28mm F2.8とF1.8USMの比較。

この記事は2013/11/16に公開され、1,094回読まれました。

      メモ      野村貞次

いずれもEOS Kiss X7のRAWで撮影、Lightroomデフォルト設定で現像しました。

F1.8開放で撮影。

_MG_1738

F2.8開放で撮影。

_MG_2425

 

F1.8は後ボケが大きいだけでなく、極度に被写界深度が浅くなっています。睫毛の根元にピントを合わせているのですが、白目の端の方はすでにボケています。

対してF2.8では顔から耳にかけてしっかりとピントが合い、それでいて手前(大根の葉)も後ろもそれなりにボケています。

慎重に時間をかけて撮れるならF1.8、いわゆるお散歩カメラならF2.8で十分というところでしょう。もちろん、F1.8を絞って使えばより良いのですが、明るい分大きく重くなってしまいます。携帯性とボケ量のつなひきです。

 

 

twitter facebook instagram

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

EF28mm F2.8とF1.8USMの比較。 東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。印刷・ホームページなど販売促進のためのデザインを提案します。

Copyright©デザイン事務所ダウンアンダー,2013 All Rights Reserved.