Adobe「Creative Cloud 同期済みファイルの提供終了」の対策。

Adobe「Creative Cloud 同期済みファイルの提供終了」の対策。

2023年9月23日、Adobeから「2024年2月1日をもってCreative Cloud 同期済みファイルの提供を終了する」と案内がありました。

https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/eol-creative-cloud-synced-files.html

iPad・iPhoneのAdobe CC、FrescoやPhotoshopとMac・PCを連携して使っている方には不安な案内ですね。

iPad・iPhoneのAdobe CCアプリのデータはCreative Cloud(サーバ)に保存されます。書き出し機能ではiCloud Drive・Dropbox・ローカルフォルダ等を選ぶことができますが、単に「保存」すると保存場所について聞かれずにCreative Cloudに保存されてしまいます。

そのCreative Cloudが同期されない???不安ばかりが募る案内ですね。

  • MacやPCから「Creative Cloud」というフォルダにアクセスできなくなる。
  • クラウド上のCreative CloudとMacのCreative Cloudフォルダは同期されているが、これは停止される。
  • クラウド上のCreative Cloudにあるファイルは削除される。

ということのようです。

Creative Cloudに保存されているAdobe CCで作成されたファイル(_クラウドドキュメント.webloc)には、現在もMac・PCから直接アクセスすることができません。

  • ブラウザで開き、ダウンロードして編集する。
  • Mac・PCのAdobe CCアプリで「クラウドドキュメントを開く」で開く。

上図はMacのPhotoshopでクラウドドキュメントを開いています。クラウドドキュメントを表す「.psdc」という拡張子になっています。編集後は、単に保存すればCreative Cloudに上書き保存されます。

では何が変わるのでしょう?

  • MacやPCからフォルダとして使えたCreative Cloudのスペースは無くなる。

ということですね。

「Creative Cloud(サーバ)はAdobe CCのデータしか置けませんよ」ということのようです。

100GBというかなり大きな領域をサービスしていましたが、Adobe CCのデータ以外にクラウドストレージとして使う人が多く、Adobeの想定以上にサーバ容量が圧迫されたのではないか?と想像しています。

Adobe CCアプリを使うだけならば、これまでと変わることはないので心配なさそうです。

2024年2月1日以降に動作検証します。

 

この記事は2023/12/24に公開され2024/01/21に更新、1,784 views読まれました。

    2024/01/21   技術ノート   ,

最近1ヶ月で人気の記事

Adobe「Creative Cloud 同期済みファイルの提供終了」の対策。 - デザイン事務所ダウンアンダー 東京都練馬区。Wordpressはおまかせ。ホームページ・印刷など販売促進のためのデザインを提案します。

Copyright©デザイン事務所ダウンアンダー, All Rights Reserved.